子育て永遠のテーマ、「寝かしつけ」でイライラしないためのヒント!

子育ての話

毎日、毎晩なかなか寝ない子にイライラしていませんか?

「寝なさい」と言っても寝るはずもなく、

いつなったら寝てくれるのと、毎晩格闘。

私も1児の父です。

上の子はもうすぐ3歳の女の子。

まぁ毎晩寝るまで元気、元気(笑)

なかなか寝てくれません。

子供の体力は底知れずですよね(笑)

羨ましくもあり、恨めしくもあります(笑)

そんな子供の寝かしつけ、どうしてますか?

私もまだまだ手探りで、毎晩格闘しています。

少しでも楽になる方法を考えていきましょう♪

新生児から1歳の寝かしつけ

抱っこ紐を使う

 これは王道ですね(笑)

抱っこしてあげると、寝かしつけしやすい

でも、ずっと抱っこは辛い。

じゃあ抱っこ紐をしよう!ってことですね(笑)

ただ私は、抱っこ紐から寝ている子を抜くのが

苦手で、抱っこ紐は使いませんでした。

抱っこ紐から子どもを抜いてる時に

起きてしまうんですよね・・・。

抱っこ紐を上手く使える方は、

1歳くらいまでのお子さんには有効なアイテムです!

イヤフォンをする

子どもの泣き声をずっと聞いていると、

こちらが参ってしまいます。

そんな時はイヤフォンで遮断していた

というお母さんもいらっしゃいます。

好きな音楽を聴いて、心穏やかに口ずさんでいたら、

そのうち子供も安心して寝てくれます♪

2歳以上の子どもの寝かしつけ

寝るまでの流れを作る

18時ご飯→19時お風呂→19時半歯磨き→20時お布団に入って絵本→就寝 

などです。 

なんとなくの流れを作ることで、

子供も「この後は〇〇する」とわかってくるみたいで、

寝てくれやすくなります。

寝たふりをする

ある程度、一緒にお布団でゴロゴロしたら、

寝たふりをします。

もちろん子どもが寝たか、せめて目を瞑っているかは、

ちょこちょこ確認します。

なかなか子どもが寝ない時は、本当に親が先に寝ちゃったりします(笑)

でも、パッと起きた時に見ると、子供もちゃんと寝てますよ♪

子供も親が寝ると諦めるのかもしれませんね(笑)

私はよく親が寝るまで寝たふりをして、

親が寝たら別室に居る兄弟のところに行ってました(笑)

寝かせようと思わない

寝かせようと思うから焦ってしまい、

イライラしてしまうので、その根本を変えてみましょう。

一緒にお布団に入って寝転がっていたらOK!

とか、寝転がってはないけど、動き回ったりせず

おとなしく座ってたらOK!とか、ハードルを下げましょう。

そうすることで余裕が生まれ、穏やかにいられると思います。

テンションを上げない様に気を付けながら、

子どもと沢山おしゃべりをして気が済んで

疲れたら、子供も自然と寝ます!

あまり寝かせようと思わずに、

のんびり親子の時間を楽しみましょう!

早く寝てよ!寝かしつけのイライラ対処法

子どもの寝かしつけをいくらがんばっても

あまりにも寝ないとイライラしてきます。

「9時に寝始めたのに、もう夜中の12時・・・」

みたいなことも、たまにあります。

そんな時はもうとことん付き合う覚悟をします(笑)

子どもだって人間です。

私達もそういう時があったと思うんです。

「眠いけどまだ寝たくない」とか、

眠いのを我慢しすぎて逆に眠れなくなったとか。

お昼寝してなくても、夕方からは寝かせられない

と起こされてた日は、逆に夜に寝れなくなったという

覚えも私はあります。

なので、もう眠れるまでとことん付き合う!と

覚悟を決め、とことん付き合います。

変な時間に寝ると子供もきついとは思いますが、

寝れないのに寝ろというのも、同じようにきついと思うんです。

共感してもらえる人がどれくらい居るかは

わかりませんが、自分もイライラすることなく

穏やかで居られるので、私はいいと思います。

おしゃべりしたり絵本読んだり、静かに

過ごしているとそのうち子供は寝ます。

電気をつけたり、テンションを上げることは、避けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

子供の寝かしつけはママ達の永遠のテーマです。

何で寝ないのかを考えると、きっと単純なんです。

大人と変わらないんです。

眠くないのに寝なさいと言われても寝れません。

寝たくないのに寝ろと言われても寝ません。

大人も子供も一緒です。

子供の寝かしつけはそのうち終わります。

大体の子どもは、小学校に上がる、もしくは上がる前に、

眠くなると自分からお部屋に行く様になります。

長くても小学校までなんですよね。

今はイライラしてしまうかもしれませんが、

今は子育ての中でも短い、

かけがのない時間なんですよね。

この時間がいつかなくなってしまうんです。

自分から「おやすみなさい」と

お部屋に行くようになった時、寂しくなるかも

しれませんね。

そのうち無くなるかけがえのない今の時間を、

大切に過ごしていきたいですね♪

この記事が少しでも参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました