投稿

大阪 メンズエステ Aroma Dianaアロマディアーナ レポ



大阪 メンズエステ Aroma Dianaアロマディアーナ レポ

メンズエステの99.999…%は「リラクゼーションマッサージ」という分類に属します。治療目的としたマッサージではありませんし、治療を謡ったマッサージを行なう事は法律上出来ません。その法律が通称「あはき法」と呼ばれるものです。あんま師、はり師、きゅう師の頭文字をとって「あはき」と略されます。あはき師は国家資格ですので学校に通って国家試験に合格し免許交付を受けなければなりません。他には柔道整復師が国家資格となっています。国家資格を持つセラピストがいるお店であれば健康保険が利用できる可能性もありますが、当然メンズエステで健康保険が使える訳はありません(笑)。

歴史が古い言葉です。おばちゃんがビジネスホテル(自宅)に来てくれる硬派なマッサージです。自宅のポストやビジネスホテル前にチラシが貼ってあったりしましたね。しかし出張マッサージ業界にもメンズエステの勢いが襲い掛かります。若くて可愛い女性や熟れたセクシーな女性が施術を行なうお店が数多く存在します。ルームや店舗と兼用して出張メンズエステを行なうお店や、デリヘルから出張マッサージに鞍替えしたお店なども存在します。その為、マッサージの上手さに差が激しくありますのでお店選びには注意が必要です。

とはいっても、これだけの料金なのだから期待できるものもある。だってコース名は「ディープアロマトリートメント」だから。ディープに掛けるしかありません。

「全体的にセラピストのルックスが良い」とはメンズエステ愛好家からよく聞く感想です。「少しセクシーな衣装を着てマッサージをする」だけで風俗と大差ない報酬を得られるので、より多くの女性に対して求人効果があるメンズエステには好人材が集まってきます。もう一つの魅力、愛好家の総意ではないですが個人的に関心した言葉、「キャバクラより全然良い」という感想です。メンズエステをキャバクラと比較する考え方です。確かに双方セクシーな衣装を着た魅力的な女性が接客をしてくれます。値段もそんなに変わりありませんし楽しいトークも出来ます。「酒を飲んで体を壊す」か「マッサージを受けて体調を整える」、どちらがいいかは人それぞれですが理屈的にはメンズエステに軍配が上がりそうです。

-投稿
-, , ,

Copyright© 大阪 不埒なメンズエステ体験談 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.