筋トレ中の食事制限について

ダイエットを行っている時に筋トレを取り入れる場合、過度な食事制限をしてしまうことがあります。ダイエット中に筋トレを行う場合でも、消費カロリーを増やして痩せやすい状態を作ることがメインの目的ではなく、筋肉量を減らさないことが目的です。

 

筋肉量が減れば代謝が落ちますので、食べた物をエネルギーに変換する作用が弱まって太りやすくなってしまい、逆に体質は悪い方へと変わってしまいますので注意が必要です。

 

食事制限をすると、生命活動を維持するために体から必要なものを補おうとする作用が働きますが、厄介なことに脂肪の方が重要だと判断されますので、筋肉が先に減ってしまいます。

 

ですから、食事制限を行うと筋肉だけが減ってしまう可能性がありますので、筋トレをしても筋肉量をそのまま維持することができなくなります。

 

筋トレの効果を失わせないためには、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを考えて、必要な分が足りているのかをチェックしてみることが大切です。その上で、タンパク質や炭水化物、脂質などを適正な範囲で摂れているかを確認します。

 

ダイエット中はカロリーの高いものを敬遠する傾向にありますが、大豆製品を利用すれば低カロリーのタンパク質を摂取可能です。

 

 

 

食事を管理しながら筋トレしよう

引き締まった体に筋肉は不可欠。でもやみくもに筋トレをすればいいわけではありません。筋肉を増やすために必要なものは3つ。筋トレ・栄養・休息、いくらハードな筋トレをしても、栄養と休息が欠けると筋肉の量は減ります。

 

中でも見落とされがちなのが、栄養。つまり適切な食事の管理です。筋肉の材料はタンパク質。このタンパク質を十分に摂取できる食事を日ごろから心がけることで、筋トレの成果は倍増します。

 

ただ、このような食事管理はなかなか難しいものです。そのため、補助としてプロテインなどのサプリメントを使うのがおすすめです。プロテインはタンパク質の錠剤ですから、食事で補え切れないタンパク質を効果的に補充することができます。

 

ただ気をつけなければいけないのが、プロテインだけを摂取して筋トレをする、ということです。理屈で考えれば、プロテインだけでも筋肉の材料にはなりますが、実際にやってみるとうまくいきません。

 

あたり前のことですが、人間は生きるためにタンパク質のほかにもさまざまな栄養素を必要とします。それらを摂らないと、トレーニング以前に日常生活がままならなくなります。

 

トレーニングを続けるには健康な体があることが大前提です。健康を維持するためにも、栄養バランスのとれた食事管理を意識していきたいものです。

 

 

 

筋トレ中のベストな食事のタイミングはいつ?

筋トレをしている場合は、食事のタイミングによっても結果に違いがあらわれます。食事のタイミングにより、筋肉合成や脂肪燃焼だけでなく、筋トレの成果にまで影響を与えます。

 

ポイントとしては、食事は筋トレをする1時間半前から2時間前のタイミングを目安に済ませておくことです。この時間に食べることで、筋トレ時のエネルギーとして使用することができるようになります。

 

また、終了後20分以内にたんぱく質を摂取することは、筋肉合成の効率を上げることにつながります。朝食のタイミングもポイントです。起床後は、できるだけ早く朝食をとる必要があります。

 

血糖値は起きた時から降下していきます。そのため、起床時間と朝食の時間が空きすぎてしまうとインスリンとコルチゾールの分泌を招いてしまい、筋肉の分解と脂肪の溜め込みにつながってしまいます。

 

また、就寝2時間前にとったものは脂肪として蓄積されるため、夕飯と就寝時間は空ける必要があります。筋肉をつけたい場合には、たんぱく質を摂取する必要がありますが、たんぱく質にもカロリーはあり、余分なカロリー摂取は脂肪になってしまいます。

 

炭水化物も摂りすぎは脂肪になりますが、完全にカットしてしまうことは厳禁のため、注意が必要です。

 

 

 

筋トレに適した食事メニューはどんなもの?

筋トレをして筋肉を付けたいという場合には、食事に関しても注意が必要です。特にメニューとして取りいれていくのであれば、食材選びのポイントとして、まず低脂肪、そして高たんぱく、最後に糖質カットということが基本です。

 

パーソナルジムなどで行われている筋トレでも、食事制限がかせられたりしますが、トレーナーから徹底的な食事管理をされます。

 

その時でも、やはり効率よく筋トレの効果を出す食事というのはあり、メニューの中にできるだけ糖質や脂肪を含まず、そして高たんぱくで筋肉になりやすい栄養素を取り入れていくことが重要だと言われます。

 

炭水化物をできるだけ取らないというのは、糖分が脂肪を増やしてしまうということに直結しているため、理にかなっているのです。余分な糖分がありますと、それがつかいきれず、脂肪になってしまうというメカニズムがあるのです。

 

ですから、普段の食事で実は糖質というのが意外ととれてしまっているということもあるため、炭水化物をできるだけ排除したメニューにしていくことがおすすめなのです。

 

食材としては、特に鶏のささみ、まぐろなどの赤身、卵などはタンパク質が多く脂質が少ないです。また、野菜もたくさん取りいれていきましょう。

 

 

 

プロテインで効率アップ?

筋トレとは、トレーニングを行うことによって体中の筋肉の量を増加させることですが、その目的は人それぞれです。均整な体をつくってもてたいという男性もいれば、体脂肪率を下げて膨らんだお腹を引っ込めたい、という女性もいることでしょう。

 

でも筋トレに励む皆さんに共通する思いは、効率よく筋肉を増やしたい!ということではないでしょうか。短い期間で筋トレの効果を実感するため、効率よく筋肉を増やすことができる画期的なトレーニング法や、高機能のトレーニング機器に目がいってしまう人も多いようです。

 

しかし、そのようなものにお金をかける前に、試して頂きたいことがあります。それは食事の見直しです。筋肉はタンパク質からできています。

 

そして、日々の食事でタンパク質の摂取が不足していると、どんなすばらしいトレーニング法を実践しても、筋肉はなかなか増えてくれません。とはいえ、毎日の食事でそうそうタンパク質を多くとれないという方もいるかと思います。

 

そのような方には、プロテインのサプリメントを補助的に使うのがおすすめです。今ではさまざまな種類のプロテインが提供されています。サプリメントはちょっと、と思われる方も、一度試してみて下さい。

 

プロテインの摂取を毎日続けられるよう、味や飲み方なども工夫されていますよ。

 

 

 

参考になるウェブサイトはコレ!

筋トレの食事は、色々と管理をしていくということですね。

 

タンパク質というのがキーワードとなっていたりします。プロテインもそうです。

 

また、筋肉サプリというものも最近は登場してきています。気になる方はこちらを見てみてくださいね。